≪参加者体験談~国境を超えたつながり~≫

こんにちは!
長崎大学に通っている中村圭甫です。
8月22〜24日で北海道阿寒郡鶴居村へローカルツアー(以下ロカツアー)参加者として、行ってきました。

今回、ロカツアーに参加した理由は、2月に行われたロカツアーに参加した経験があり自分の中では最高に楽しい思い出になったからです。

また、鶴居村の冬の景色に感動し、「夏の景色も是非見たい!」という思いから参加するに至りました。
 

*前回参加したのは2月の冬の鶴居村。早朝に鶴を見に行ったときの一枚。)

*前回参加したのは2月の冬の鶴居村。早朝に鶴を見に行ったときの一枚。)

【この旅は、本当に3日間楽しく過ごせるのだろうかという不安から始まる。】

今回参加したタイ&日本、国際交流ロカツアーの醍醐味は、日本人とタイ人が一緒に2泊3日の旅をするというところにあると思います。

 今回は日本人、タイ人ともに3名ずつ集まり、北海道阿寒郡鶴居村にバスで6時間ほどかけて向かいます。いわば、大人の修学旅行

最初から友達というわけではない人たちと、さらには国籍が違う人たちと、どうやってコミュニケーションをとって仲良くなろうかというコトから始まります。

*札幌を出発する前にバスで撮影した1枚。このときは、まだみんな初めまして同士で緊張していました。

*札幌を出発する前にバスで撮影した1枚。このときは、まだみんな初めまして同士で緊張していました。

しかし、行きの長い旅路でいつの間にか仲は打ち解け、着いた頃には今日出会ったばかりだというコトを忘れてしまっています。

 ちなみに、日本人の参加者は僕を含めて大学生が3人、タイ人の参加者は20代〜40代の男女でした。中には日本語を話せる方もいました。日本語が書かれたTシャツを来ているタイ人もいたほどで、このツアーに参加する方は日本が好きで好きでたまらないタイ人の方が多いようです。

 

*バスの中では、はやりのアプリ「SNOW」を使って大盛り上がり。次第に、仲良しになっていきます。

*バスの中では、はやりのアプリ「SNOW」を使って大盛り上がり。次第に、仲良しになっていきます。

【みんなで体験を共有する旅】

今回の旅では体験を通して鶴居村を観光していきます。

体験を通して同じ時間を共有すると、言葉なんて関係ナシ!あっちでもこっちでもワイワイ騒ぎっぱなし。 

*チーズ作り体験。参加者のベストくんと一緒に。

*チーズ作り体験。参加者のベストくんと一緒に。

*ソーセージ作り体験。参加者のミュウさんと一緒に。

*ソーセージ作り体験。参加者のミュウさんと一緒に。

もちろん、鶴居村の大自然も堪能できる体験もあります。
 

*乗馬体験

*乗馬体験

*広大な自然に圧倒されました。。。

*広大な自然に圧倒されました。。。

*空の青色と森の緑が、すごいきれいに融合しています。車のサイドミラーに映った景色。

*空の青色と森の緑が、すごいきれいに融合しています。車のサイドミラーに映った景色。

このように、普段ではあまり体験することがないことを、国際交流をしながら楽しめる、盛りだくさんの超よくばりな旅なのです。

どうでしょう、少しは鶴居村、ロカツアーに行きたくなってきましたか?

 

【ツアー参加者同士だけではなく、地元の人との交流も!!】

最初の写真と見比べて分かる通り、集合写真の人数がブワッと増えました!

ツアー中、鶴居村ではハートンツリーゲストハウスで宿泊します。ハートンツリーは真ん中に座っている柄のエプロンの女性と最もフォーマルな格好をした男性がココのオーナーの‘’‘お父さん’‘’と‘’‘お母さん’‘’です。

*ハートンツリーのお父さん、お母さん

*ハートンツリーのお父さん、お母さん

また、お父さん、お母さんをはじめ、世界中からウーフーで働きに来ている人たちとも交流ができます。

 一緒にご飯を食べて、飲んで、喋って、2晩過ごせば、あっという間に皆はハートンツリーの家族に。

*ツアー参加者も、ウーフーで来てる人も関係なく、みんな仲良しに

*ツアー参加者も、ウーフーで来てる人も関係なく、みんな仲良しに

*ウーフーで来てる人とも仲良しに

*ウーフーで来てる人とも仲良しに

*タイのムエタイ選手の格好で、餅つき大会!!笑

*タイのムエタイ選手の格好で、餅つき大会!!笑

写真を見ての通りだと思いますが、1日中腹一杯遊んだ上に、夜もワイワイガヤガヤするという、遊びに関しては抜け目ないスケジュールです。

旅先の出会いは一生の’’宝物’’です。ここで出会ったハートンツリーの皆さんはまたどこかで必ず再会することでしょう!

「アノ時は○○○だったよな〜。」なんていう会話を世界のどこかで美味しいお酒と料理をつまみに話しているのを妄想します。

【最後に】

なんと言っても国際交流で不安なのは言語の壁ではないでしょうか?

「自分は日本語しか喋れないし。。。」「タイ人はタイ語しか喋られないだろうから気がひける。。。」

でもそんな心配は必要ありません。コミュニケーションをとるのはいつも通り日本人と話す感覚で大丈夫です。

僕はタイ語はもちろん、英語もあまり話せないですが、参加した2回とも最高に楽しむことができました。

言語の壁を超えたコミュニケーションで国際交流をし、今までにないほどの交流と体験を腹一杯味わえる最高の旅をぜひみなさんも楽しんでください!