《7月なのに!?最北端・宗谷岬の夏とは!?》

こんにちは。

今日は日本の最北端

【宗谷岬】

について紹介します。

 

北海道には最北端の地「宗谷岬」があります。

日本の一番北にある北海道。

そして、その中でも最北に位置するのが「宗谷岬」です。

ちなみに、宗谷岬の北にちょこっと見える、緑色の土地はサハリン(ロシア領)です。その距離約43km。

マラソン選手が海の上を走ることができれば約2時間半でロシアに上陸できるということですね。

 

ちなみに日本最北端の碑がコチラ。

''北緯45度31分22秒''

同じ緯度の都市でいうとミラノ・オタワなどが挙げられます。

(パッと実感が湧かないのでなんとも言えないです。)

 

宗谷岬周辺は''宗谷丘陵''と呼ばれる地形で北海道遺産に認定されています。

草原に牛が放牧されています。

その先に見える海とのコントラストが気持ちいいです。

 

 

谷をよく見ると面白い形をしています。

長い年月をかけて、表土が凍結と融解を繰り返してできた''流土現象''と言います。

宗谷岬の南西の方から宗谷丘陵を北上していくと前方に海を見渡せる場所もあります。

右手の赤い屋根は牛舎です。

 

宗谷岬から東に向かうと、オホーツク海が望めます。

そして海沿いを走る一本の道が続きます。

 

 

 

宗谷岬周辺の事ばかりで本題を忘れていました。

本題の、「宗谷岬の夏の気温」について。

みなさん、気になるのではないでしょうか?

僕の出身地である九州は真夏なら常に30度を超えています。

最北端ならば、さすがに真夏であろうと涼しいのではないか?

 

宗谷岬の石碑のすぐ近くに温度計がありました。

 

13.9度!!

 

しかも風がビュービュー吹いているのでとんでもなく寒いです。

僕は自転車を漕いでいたので半袖でしたが

周りの観光客は皆、コートを着ていました(7月なのに!)

ちなみに同じ日、僕の出身地の長崎県は30度でした。

九州ならば、これは冬の気温ですね。(恐ろしい。)

 

 

どうでしたか?

日本の最北端【宗谷岬】

夏に避暑したい方には是非オススメします。

※上着は忘れずに!