≪これが世界を相手に笑わせるコスチュームだ!vol.1 ~世界を相手に笑いを生み出したいあなたへ~≫

どうも、世界のナカムラこと中村圭甫(ナカムラ ケイスケ)です!
 

僕は会社で一番年下ということもあり、ことあるイベントごとに笑いを求めれらます!

ゲストハウスということもあり、笑わせなければいけない対象は”世界”です。

≪これが世界を相手に笑わせるコスチュームだ!≫シリーズでは、僕が実践してきた世界を相手に戦えるコスチュームを紹介していきます!

 


vol.1 コンセプトは、金色に輝く変態。

 

それではご覧いただこう。

 

社会の呪縛から解き放たれ、一目散に我が家へと向かう車が大渋滞を巻き起こしている。

その横を神々しく突っ走っていく姿。

それは、将棋で王手をかけた時に誇らしげに駒を進める右手のよう。

 

そして今回の舞台である、札幌のゲストハウスWAYAのBAR1周年記念パーティへと向かった。

入るやいなや大爆笑の嵐。

ゲストハウスのヘルパー経験から、どんな国の人も笑わせられる必殺ネタがる。。

それは

フォーーーーー!!!

と叫び続けること。

 

これ、すごく大事。''very important''

ドキドキしながらもなんとか爆笑を取り

そのまま、温めた空気を1秒でも長持ちさせる。

 

 

10017286.JPG

数分後。

最初の大爆笑が嘘のようです。

北海道弁で言うと、「なまらシュール!」

九州弁で言うと、「バリバリシュール!」

 

ここで恥ずかしくなって着替えてはいけません。

一緒にパーティを楽しむふりをして、出番を常に狙います。

 

そして、

ウクレレシンガーのバックダンサーとして再登場。

10017264.JPG

必殺、とにかく暴れる。

力の限り暴れる。

暴れ尽くす。

(この時、ダンスを学んでたらな〜と毎回後悔する。)

と、落ち込む暇もなく暴れる。

 

このように貪欲に出番を探した結果、なんとか2度目の笑いを生み出すことができました。

 

数分後。。。

10017281.JPG

もう誰もかまってくれません。

お見事なくらい、お見事です。。。。

 

 

最後に一言

 

あ、日付が変わった。。。

 

おしまい。


いかないで!もっとたくさん読んでほしい!