《1月のロカツアーの舞台、小樽ってどんな街?》

どーも、僕です。

1月のロカツアーの初日の舞台になった小樽。

しかし、九州出身の僕にとっては小樽が何のこっちゃわかりません!!!

というわけで、小樽がどんな街なのかをザッと紹介したいと思います。

 

 

【運河の街•小樽】

小樽は運河が流れている街として有名です。

なぜ、運河があるのか、、、

完成は1923年。小樽港まで運ばれた荷物を、艀(はしけ)を使って(本船と波止場を行き来して乗客や貨物を運ぶための小舟)倉庫の近くまで行けるように運河が作られたというわけです。

運河の全長は1140mもあります。

ということは、もしも僕が運河を最初から最後まで走った場合

約6分かかるということになります。

 

どうでもいいですね。

 

【ガラスの街・小樽】

明治-昭和初期にかけて北のウォール街と言われた小樽。

そして同時期にガラス産業が始まりました。

石油ランプや、ニシン漁に使われていたガラス製の浮き玉にガラスが用いられていたのです。

現在は石油ランプは電気に。浮き玉はプラスチックに変わったものの、グラスやインテリアとしてガラス工芸品が作られています。

 

【オルゴールの街•小樽】

小樽はオルゴールも有名です。

メルヘン交差点にある、オルゴール堂ではたくさんのオルゴールが置いてあり、つい見とれてしまいます。

まさに、メルヘンです!!!!

数ある中からあなただけのお気に入りを見つけてみてください。

 

中には超お高いオルゴールも、、、、

 

【やっぱり外せない海鮮】

やはり、小樽に来たら海鮮グルメは外せません!

港町・小樽を体感するには、食べるが一番!!

 

【夜景もお忘れなく】

天狗山から山頂から見る小樽は格別。

 

大好きなあの子と、、、

ぜひ行ってみてください。

小樽駅→天狗山ロープウェイ麓/片道220円

ロープウェイ/往復1140円

 

 

 

小樽は、札幌から電車で約40分。

電車は海沿いを走るので眺めが最高です。

電車に乗ったら進行方向、向かって右側に座ることをお勧めします。

札幌駅→小樽駅(約40分)

JRで640円