《参加者体験談〜様々な文化、価値観を知った初の海外旅行〜》

こんちには!長崎大学経済学部4年の松本匡平です。

就職先も決まり、大学を卒業する前に、一度は海外に行ってみたいな〜と思っていた2月の初旬。SNSで今回のタイ日ロカツアーのことを知りました。ツアーの内容を読んでみると魅力的な事が目白押しで、このツアーに参加することに決めました。

 

【気持ち良い・辛い・神秘的】

初日はタイ式のマッサージを体験しました。気持ち良すぎて、専属で毎日して欲しいと思いました!笑

マッサージを受けている間に、タイ人の方々が続々と集結。さぁウェルカムパーティーの始まりです。食卓での決まり文句は日本人「Spicy?」からのタイ人「Bit spicy」でした。でも食べてみるとすごくSpicy!!!笑

日本とは味付けが全く違う食文化に触れることができ、すごく新鮮でした。

パーティーが終わって一息付いたかと思えば、真夜中にバスに乗り込み、キッチャクート山へLet's go!

 山の麓から何合目かまでトラックで行くのですが、そのトラックがそんじょそこらのヘタなアトラクションより怖い。。笑 荷台から落ちないよう必死でした。

ちょうど朝日のタイミングだったこともあり、山頂から見る景色は壮大でした。また、宗教的な雰囲気もあり、すごく神秘的でした。

 (キッチャクート山の山頂からの朝日)

(キッチャクート山の山頂からの朝日)

 

 

【面白くて優しいタイ人】

キッチャクート山を下山した後は、滝を観光してゲストハウスへ。そしてこのゲストハウス、目の前が湖で、すごく良い雰囲気!

アクティビティをやるのまでの間、湖畔でゆっくりのんびり、現実を忘れてリゾート気分。時間が経つのがホントにゆっくり感じました。

アクティビティでは筏に乗り、湖の沖の方へ進む。そしておもむろにノックさんがボートに乗り込む。他の人達もボートへ。水かけ対決の始まりです。

ゆうきちゃん・プーさんチームvs.ノックさん・ティーさんチームの対決で、ノックさんが海老反りになっても、なかなかボートから落ちないのがスゴくツボでした(結局落ちましたが。すごく笑いました。)

その後も慣れないバク転をしてみたり、みんなで一斉に湖に飛び込んだりと、日本人、タイ人関係なく、みんなでアクティビティを満喫しました!

夕食は、エビ、カニ、お肉やお魚などホントに豪勢でした。タイ人の方はカニやエビの殻を剥いて、私達日本人に食べさせてくれたり、カタコトの日本語で「美味しいですか?」と、いつも声を掛けてくれました。言葉も文化も違うけど、''他人を思いやる''というのは世界共通だなと感じました。

 

 

【島巡り】

3日目は船に乗って、マンナイ島の海亀保護センターへ。そこでは海亀にまつわる話を聞きました。卵の温度が33℃以上はメス、27℃以下はオスになり、その間はオカマになるという話はビックリしました。

その後シュノーケリングをするためにタル島に向かうのですが、波が高くて船酔いする人続出。いつもテンションMAXの圭甫も、船酔いには勝てずダウンしてました。

タル島でのシュノーケリングでは、ガイドさんがまいたエサに魚が寄ってきて、可愛いかったです。こういうのは、ホントにローカルツアーならではだなと思いました。

 

 

【象とのSMプレイ、誕生日サプライズ】

4日目は象さんショーを見に行きました。初めてあんな近くで象を見れて、感動しました。そして自分は幸運にも、象からマッサージを受けることができました。この時の写真はお気に入りで、facebookのプロフィール写真にしました。

最終日は、バンコク市内でスポットラリーを行い、様々な観光名所に行きました。(多すぎて思い出せないです)グループで回ったので、それまであまり話せてなかったタイの方とコミュニケーションを取ることができて良かったです。しかしそれと同時に、英語とタイ語を勉強して、もっと色んな話ができるようになりたいと思いました。

昼食を済ませた後、なんと誕生日のサプライズをしてもらいました。その日は自分の23歳の誕生日だったからです。

みんなでハッピーバースデーを歌ってくれて、ケーキまで用意してくれてて、泣きそうになりました。今まで一緒に過ごしたみんなからお祝いしてもらったことが、ホントに嬉しかったです!

 

 

【最後に】

初めての海外で、初めてのロカツアーでしたが、ホントに居心地の良い旅行でした。旅行後にこんなに、ほっこりした気持ちになったのは初めてです。それは、タイ人の方々の優しさや思いやりのおかげだったと思います。

バスタブがないシャワールーム、トイレ後は備え付けのシャワーでお尻を洗い流すという生活様式の違い。日本では決して味わうことができない文化に触れることができ、良い経験になりました。海外を旅行することで、様々な文化、価値観を知ることができ、自分自身の視野を少しは広げることができたかなと思います。

4月からは働き出すので、旅行に行くことも学生の時のようにはできないと思いますが、またこの「ロカツアー」に参加したいです!