北海道

《参加者体験談~新しい出会い~》

 

こんにちは!!

長崎大学経済学部1年の権藤祐太です。私は3月6日~10日にタイで行われたタイ日ローカルツアー(以下ロカツアー)に参加しました。今回ロカツアーに参加した理由は、このツアーに参加する身近な先輩から誘いを受け、興味を持ったからです。ロカツアーに参加するのは初めてで、最初知っている人がほとんどいなくてとても不安でした。

 

【初めてのタイ】

今回初めてタイに行って、日本とは異なる環境、文化に直接触れることができました。特に日本人にとって,タイ料理は馴染みがなく極端な甘さや辛さ、独特なにおいに衝撃を受けました。しかしそういった新しい経験ができたことに私は非常に感動しています。

 

【タイ人との出会い】

 ツアーの1日目、日本人とタイ人のみんなが集まってウェルカムパーティーがありました。私はタイ語が話せないので、なんとか英語で自己紹介をしたり、交流を楽しみました。タイ人みんなの名前を覚えるのはとても苦労しましたが、タイ人の皆さんは私たち日本人に気軽に話しかけてくれて、とても気が楽になりました。たとえ言葉が通じなくてもお互い分かり合えるものです。(この時はまだあまり馴染めていませんが、、笑)

 

【充実した毎日】

 ウェルカムパーティーを終えた数時間後の真夜中からツアーは始まり、移動中のバス内で寝るというなかなか過酷なスケジュールでした。「ローカルツアー」という名前のとおり地元の人しか知らないような山(キッチャクート山)に登ったり、プリウ滝を観光したり、宿の前を流れている川で泳いだり、島に行ったりと、本当に休む暇がないくらい充実していてとても楽しかったです。

 

【初体験】

 

ツアー4日目、ゾウに乗るという貴重な体験ができました。またたくさんのゾウがいて、どのゾウもしっかりしつけられており、サッカーやバスケ、的あてなど様々なパフォーマンスをする姿を間近で見ることもできました。

 

【別れ】

ツアー5日目、ついに別れの日がやってきました。たった5日間のツアーでしたが、本当にたくさんの経験をすることができました。

ツアー初日が随分昔のように感じたくらい、毎日が濃く、そして深く思い出として残っています。

「ツアーに参加してよかった」そう思えたことが何よりうれしいです。最後にみんなと交わした「See you again」という言葉のとおり、またどこかで会えると私は信じています。

 

 

【最後に】

出会いがあれば別れがあるのは当然のことで、それが今の私にとって非常によい経験になったと思います。国境を越えて繋がる信頼、友情はなかなか簡単に得られるものではないと思います。言葉の壁にとらわれすぎず普段通り会話をすれば十分だと思います。本当に毎日が明るくて笑顔が絶えない楽しいツアーでした。

 

 


《参加者体験談〜心配無用ごきげんよう〜》

今回、初めてタイ日本ローカルツアーに参加させていただきました、北海道医療大学の大塚祥代です。

 

終始笑って、はしゃいで、楽しんでいました。 ツアー内容は、月形温泉でのワカサギ釣り、かもい岳国際スキー場でのスノーシュー、歌志内市のなまはげ祭り、伏見稲荷大社、大通り雪まつりなど盛りだくさんのツアーでした。 最初はツアー参加者の人たちと打ち解けられるか不安でしたが、移動のバスの中でいつの間にか仲良くなってました。

とにかくみんな外に出ると雪でおおはしゃぎ。雪の上にダイブしたり雪玉投げあったり、服がべちゃべちゃになるまで遊びました。 夜はお酒を飲んで歌ったり踊ったりとても楽しい時間を過ごすことができました。

 

このツアーで特に楽しかったのはかもい岳国際スキー場でのスノーシュー。

初めてやりましたが、雪に埋まらずに歩けるものでした。

 

素敵な大自然を歩き、そして人の暖かさ、魅力たっぷりの歌志内市を感じることができました。

 

この記事を読んでいるアナタ!

少しでも興味があるならば、参加するべきです!

わたしは、タイ日ロカツアーに参加することに不安でした。なぜなら、友達ができるか、うまくコミュニケーションが取れるか、自信がなかったからです。

でも、タイ語英語が喋れなくても十分楽しめました。

タイのことももちろん、北海道のことも大好きになれるツアーでした。

 


《歌志内ってどんな町!?》

2月のロカツアーが迫ってきました。

今回の舞台は歌志内市!

というわけで歌志内市に行く前に気持ちを上げておきましょう。

歌志内市は札幌から北東に向けて、車で約1時間半走った所にあります。

 

 

 

【歌志内×雪×温泉】

 

かもい岳スキー場(http://kamoidake.jp/index.html)

最高所標高は467m。

雄大な自然を見下ろしながら滑るスキーは圧巻です。

もちろんナイターもありますヨ(要確認)

 

春、秋にはかもい岳山頂から雲海を見ることもできるので

雲海めがけてかもい岳に行くのも良いかもしれません。

 

スキーを腹一杯した後は温泉でリフレッシュ。

しかも、''チロルの湯''はスキー場の隣にあるのが魅力的!!

ゲレンデから徒歩3分です。あっという間ですネ!

 

 

【炭鉱×歌志内】

歌志内市といえば、かつて炭鉱で栄えた街でもあります。

街歩きをしながら、当時の状況が残っている歌志内の歴史を感じるのも良いかもしれません。

 

 

【歌志内×なまはげ】

歌志内市では、まちのお祭り''なまはげ祭り''を見ます。

毎年2月第一日曜日に開催されます。

「商売繁盛」や「家内安全」を祈願するお祭りです。

雪景色の中でなまはげが踊る姿は北海道らしさを感じられる瞬間なのではないでしょうか。

 

 

夏は緑を全身で感じられる街です。

この景色を前にして深呼吸せずにはいられません。

春夏秋冬の歌志内をぜひ楽しんでみてください。

 

 

 

 

(▼かもい岳スキー場 利用料金)※2017年1月

 

(▼チロルの湯 利用料金)※2017年1月

スクリーンショット 2017-01-27 12.47.10.png

 

 


《参加者体験談〜綺麗!美味しい!楽しい!北海道!〜》

こんにちは。タイ日ロカツアー参加者の由佳です!(写真左)

 

【綺麗!楽しい!おいしい!北海道!】

長崎県に住む私は、今回が初めての北海道でした。

Tabitomo Hokkaidoが主催するタイ日ローカルツアーに参加した率直な感想は終始『綺麗!楽しい!おいしい!』という感じ。

この旅の醍醐味はタイ人と深く交流できるところです。今回はスウェーデン人の方も参加されていました。

英語が話せる子も苦手な子も、すぐに打ち解けられるような雰囲気でした。移動バスの中でも会話は途切れず、楽しむことができました!

 

 

【北海道ならではの風景に感動】

どこに行っても一面銀世界の北海道。

顕微鏡で見なくてもはっきりわかる雪の結晶に感動。

 

そしてスノーモービルに乗ったり、旅の中で仲良くなったスタッフさんやツアー参加者と思いっきり雪遊びをして雪だらけになれるのは、TabitomoHokkaidoのツアーだからこそではないかと思います!

 

 

食べ物は地元民だからこそ知る、北海道のおいしいものが食べられました。美唄の焼き鳥、海鮮丼、ジンギスカンや家庭料理…どれもリピーターになりたいくらい気に入ってしまいました!

 

 

 

 

このツアーを通して北海道が大好きになりました。1人で来ても、友達と来ても、家族で来ても楽しめる内容だと思います!

 


《1月のロカツアーの舞台、小樽ってどんな街?》

どーも、僕です。

1月のロカツアーの初日の舞台になった小樽。

しかし、九州出身の僕にとっては小樽が何のこっちゃわかりません!!!

というわけで、小樽がどんな街なのかをザッと紹介したいと思います。

 

 

【運河の街•小樽】

小樽は運河が流れている街として有名です。

なぜ、運河があるのか、、、

完成は1923年。小樽港まで運ばれた荷物を、艀(はしけ)を使って(本船と波止場を行き来して乗客や貨物を運ぶための小舟)倉庫の近くまで行けるように運河が作られたというわけです。

運河の全長は1140mもあります。

ということは、もしも僕が運河を最初から最後まで走った場合

約6分かかるということになります。

 

どうでもいいですね。

 

【ガラスの街・小樽】

明治-昭和初期にかけて北のウォール街と言われた小樽。

そして同時期にガラス産業が始まりました。

石油ランプや、ニシン漁に使われていたガラス製の浮き玉にガラスが用いられていたのです。

現在は石油ランプは電気に。浮き玉はプラスチックに変わったものの、グラスやインテリアとしてガラス工芸品が作られています。

 

【オルゴールの街•小樽】

小樽はオルゴールも有名です。

メルヘン交差点にある、オルゴール堂ではたくさんのオルゴールが置いてあり、つい見とれてしまいます。

まさに、メルヘンです!!!!

数ある中からあなただけのお気に入りを見つけてみてください。

 

中には超お高いオルゴールも、、、、

 

【やっぱり外せない海鮮】

やはり、小樽に来たら海鮮グルメは外せません!

港町・小樽を体感するには、食べるが一番!!

 

【夜景もお忘れなく】

天狗山から山頂から見る小樽は格別。

 

大好きなあの子と、、、

ぜひ行ってみてください。

小樽駅→天狗山ロープウェイ麓/片道220円

ロープウェイ/往復1140円

 

 

 

小樽は、札幌から電車で約40分。

電車は海沿いを走るので眺めが最高です。

電車に乗ったら進行方向、向かって右側に座ることをお勧めします。

札幌駅→小樽駅(約40分)

JRで640円

 

 


《参加者体験談〜One chance, one meeting〜》

 

I’m Nanami Sasaki and I’m a Tokai University student form Sapporo. I’d like to tell you about a cultural exchange event involving people from Japan, Thailand, and Sweden. The theme of the event was KIMONOS. I had a really great time at the event, and I’d like to tell you about my experience.

私は、東海大学札幌キャンパス生の佐々木ななみです。私は、着物イベントに参加しました。そのときの私の経験とイベントのことについて書きたいと思います。

 

 

【Hokkaido Shrine 北海道神宮】

day 1 , 05012017_9859_1.jpg

All the participants put on KIMONO and then went to Hokkaido Shrine. We prayed to the Gods at this shrine. I prayed for happiness and health for the coming year. We were surprised that there were so many working people who also came to pray. After that we took a picture front of the main gate to the shrine. Everyone looked very beautiful wearing their kinono and I felt fresh because I worshipped together with people from Thailand and Sweden for the first time.

着物屋さんで、みんな好きな着物を選び、着付けてもらってから北海道神宮へお参りに行きました。みんな何を願ったのかな?私は、今年も幸せと健康でいられますように、と願いました。ちょっと驚いたことは、お正月三が日が、終わったのに意外と人が多かったです。お参りした後は、神宮の前で、みんなで写真をパシャリ!素敵な写真を撮ってもらえました。本当に素敵な素敵な思い出の一つ。タイの人と着物着て行くことができるって滅多にできる体験ではないので、とても新鮮でした。

 

【Photo rally in Otaru 小樽でフォトラリー】

My group took many pictures. We ate a seafood rice bowl at lunch time and after that we got into small groups. The challenge was to find various places in Otaru and take a picture with our group members. I’m form Sapporo, but I live quite near Otaru. When I was child, I often went to Otaru so I knew many of the places for the photo rally. In Otaru, if the weather is sunny, the ocean looks beautiful. I recommend Otaru in the spring because there are cherry trees in blossom.

私は、札幌出身ですが、住んでいる場所は小樽市との境目なので幼いころから小樽によく行っていたので、フォトラリーの写真の場所はなんとなく知っていました。グループで回っていると、私の気づかないことにペアちゃんやパンヤさんが気づくので、新しい発見がたくさんありました。いつもとは違う小樽を見ることができました。小樽は快晴だと、海は遠くまで見ることができてとてもきれいな街です。春は桜もたくさん咲くので、春もおすすめです!

 

 

【Rice balls for dinner 夕食はみんなでおにぎり作り!】

We cooked rice balls for dinner. It was fun time and we ate very tasty rolled egg and spicy chicken. It difficult to shape the rice balls into a triangle, but we had fun trying! I think this event contents was a great success because we Japanese could explain parts of our culture to Thais and Swedes. Moreover, I could get to know Japanese culture a little better! On a different day, the roles were reversed, and the Thais taught us about Thai food. It was a win-win situation all round!

夕食は、みんなでおにぎり作り、と、だし巻き卵やチキン南蛮を食べました!とてもおいしかったです。きれいな三角のおにぎりをつくれたかな?三角に作るのって難しいですね(笑)私たちは、楽しいひと時を過ごしました。私はこのイベントの内容はとてもいいものだと思います。日本人が自国の文化をタイの人へ教え、タイの人は日本の文化を知れる。そして、他のイベントの日にはタイの人たちが、タイ料理を日本人に教えてくれる。イベントを通じて、大切な時間、大切な関係を築くことができると思います。

Thanks a lot to everybody たくさんのありがとう。

 

 

【One Chance, One Meeting 一期一会】

I had a great time with everyone and I’ll never forget the memories I made. Of all these memories, one of the happiest is that everybody remembered my name. I know it’s nothing special, but it made me really happy. I think more people should join this event because this it is a really valuable experience and you can enjoy a great time. Finally, I’d like to that all the staff members and everyone involved for making this great event happen!

私は、みんなと素敵な時間を過ごすことができ、忘れられない思い出となりました。たくさん楽しかった思い出あるけれど、その中でも、みんなが私の名前を覚えてくれたことが本当にうれしかったです。私はこのイベントがほかの人にも知られ、多くの人が参加できたらいいなと思います。イベントには楽しい企画もあり、かけがえのない時間を過ごすことができます。最後に、かかわってくれたすべてのスタッフさん、それとみんなへ「ありがとう」

 


《参加者体験談〜タイ人と旅行して再発見できた北海道の魅力〜》

こんにちは!

タイ日ローカルツアー参加者の清水香子です。

このツアーに参加した私の率直な気持ちを3つに分けてお話ししようと思います。

【1.発見!!〜北海道の魅力って?〜】

このツアーを通してその答えのヒントをもらえたような気がします。そのきっかけは、“海外・北海道外の人と旅をした”ことです。

特にタイ人は、雪や風景、食べ物が初体験の人も多く、感動している姿は、北海道民としてとても嬉しかったです。

同時に、私自身も’’ワカサギ釣り’’や’’豊平峡温泉’’に行くのは初めてだったので、新鮮で、たまらなく楽しく、綺麗で、北海道を満喫できた時間でした。

こんなに身近に北海道の魅力が詰まっていることを発見させてもらいました。

                                                     

【2.名前ってすごい!!】

なにより私が嬉しかったことは、外国人と沢山話せたことです。

使っていたのは、ハチャメチャすぎる英語と無理やりすぎる日本語。

話題を作るのが苦手な私でしたが、名前を覚えてもらうだけで自然と声をかけてもらえて、気づけば皆の輪の中に自分がいました。

“名前を呼んでもらえる”ことはとても幸せなことですね。

【3.振り返って…】

一言で、「再認識」がいっぱい!そんな時間でした。

話し上手ではなく、英語ならなおさらなので、一人で参加することに少し不安を感じていました。それでも、同じ瞬間、同じ感情を共有することで、短い時間でぐっと仲良くなることができること、そのために言葉の壁をそれほど感じる必要はないということを改めて感じました。そして、少し低下しかけていた、“頑張れば私でもコミュニケーションが取れる”という気持ちと“英語をもっと勉強したい”“、’’北海道のことをもっと知りたい!”というモチベーションを上げてもらうことができました。

図4.png