小樽

《1月のロカツアーの舞台、小樽ってどんな街?》

どーも、僕です。

1月のロカツアーの初日の舞台になった小樽。

しかし、九州出身の僕にとっては小樽が何のこっちゃわかりません!!!

というわけで、小樽がどんな街なのかをザッと紹介したいと思います。

 

 

【運河の街•小樽】

小樽は運河が流れている街として有名です。

なぜ、運河があるのか、、、

完成は1923年。小樽港まで運ばれた荷物を、艀(はしけ)を使って(本船と波止場を行き来して乗客や貨物を運ぶための小舟)倉庫の近くまで行けるように運河が作られたというわけです。

運河の全長は1140mもあります。

ということは、もしも僕が運河を最初から最後まで走った場合

約6分かかるということになります。

 

どうでもいいですね。

 

【ガラスの街・小樽】

明治-昭和初期にかけて北のウォール街と言われた小樽。

そして同時期にガラス産業が始まりました。

石油ランプや、ニシン漁に使われていたガラス製の浮き玉にガラスが用いられていたのです。

現在は石油ランプは電気に。浮き玉はプラスチックに変わったものの、グラスやインテリアとしてガラス工芸品が作られています。

 

【オルゴールの街•小樽】

小樽はオルゴールも有名です。

メルヘン交差点にある、オルゴール堂ではたくさんのオルゴールが置いてあり、つい見とれてしまいます。

まさに、メルヘンです!!!!

数ある中からあなただけのお気に入りを見つけてみてください。

 

中には超お高いオルゴールも、、、、

 

【やっぱり外せない海鮮】

やはり、小樽に来たら海鮮グルメは外せません!

港町・小樽を体感するには、食べるが一番!!

 

【夜景もお忘れなく】

天狗山から山頂から見る小樽は格別。

 

大好きなあの子と、、、

ぜひ行ってみてください。

小樽駅→天狗山ロープウェイ麓/片道220円

ロープウェイ/往復1140円

 

 

 

小樽は、札幌から電車で約40分。

電車は海沿いを走るので眺めが最高です。

電車に乗ったら進行方向、向かって右側に座ることをお勧めします。

札幌駅→小樽駅(約40分)

JRで640円

 

 


《参加者体験談〜One chance, one meeting〜》

 

I’m Nanami Sasaki and I’m a Tokai University student form Sapporo. I’d like to tell you about a cultural exchange event involving people from Japan, Thailand, and Sweden. The theme of the event was KIMONOS. I had a really great time at the event, and I’d like to tell you about my experience.

私は、東海大学札幌キャンパス生の佐々木ななみです。私は、着物イベントに参加しました。そのときの私の経験とイベントのことについて書きたいと思います。

 

 

【Hokkaido Shrine 北海道神宮】

day 1 , 05012017_9859_1.jpg

All the participants put on KIMONO and then went to Hokkaido Shrine. We prayed to the Gods at this shrine. I prayed for happiness and health for the coming year. We were surprised that there were so many working people who also came to pray. After that we took a picture front of the main gate to the shrine. Everyone looked very beautiful wearing their kinono and I felt fresh because I worshipped together with people from Thailand and Sweden for the first time.

着物屋さんで、みんな好きな着物を選び、着付けてもらってから北海道神宮へお参りに行きました。みんな何を願ったのかな?私は、今年も幸せと健康でいられますように、と願いました。ちょっと驚いたことは、お正月三が日が、終わったのに意外と人が多かったです。お参りした後は、神宮の前で、みんなで写真をパシャリ!素敵な写真を撮ってもらえました。本当に素敵な素敵な思い出の一つ。タイの人と着物着て行くことができるって滅多にできる体験ではないので、とても新鮮でした。

 

【Photo rally in Otaru 小樽でフォトラリー】

My group took many pictures. We ate a seafood rice bowl at lunch time and after that we got into small groups. The challenge was to find various places in Otaru and take a picture with our group members. I’m form Sapporo, but I live quite near Otaru. When I was child, I often went to Otaru so I knew many of the places for the photo rally. In Otaru, if the weather is sunny, the ocean looks beautiful. I recommend Otaru in the spring because there are cherry trees in blossom.

私は、札幌出身ですが、住んでいる場所は小樽市との境目なので幼いころから小樽によく行っていたので、フォトラリーの写真の場所はなんとなく知っていました。グループで回っていると、私の気づかないことにペアちゃんやパンヤさんが気づくので、新しい発見がたくさんありました。いつもとは違う小樽を見ることができました。小樽は快晴だと、海は遠くまで見ることができてとてもきれいな街です。春は桜もたくさん咲くので、春もおすすめです!

 

 

【Rice balls for dinner 夕食はみんなでおにぎり作り!】

We cooked rice balls for dinner. It was fun time and we ate very tasty rolled egg and spicy chicken. It difficult to shape the rice balls into a triangle, but we had fun trying! I think this event contents was a great success because we Japanese could explain parts of our culture to Thais and Swedes. Moreover, I could get to know Japanese culture a little better! On a different day, the roles were reversed, and the Thais taught us about Thai food. It was a win-win situation all round!

夕食は、みんなでおにぎり作り、と、だし巻き卵やチキン南蛮を食べました!とてもおいしかったです。きれいな三角のおにぎりをつくれたかな?三角に作るのって難しいですね(笑)私たちは、楽しいひと時を過ごしました。私はこのイベントの内容はとてもいいものだと思います。日本人が自国の文化をタイの人へ教え、タイの人は日本の文化を知れる。そして、他のイベントの日にはタイの人たちが、タイ料理を日本人に教えてくれる。イベントを通じて、大切な時間、大切な関係を築くことができると思います。

Thanks a lot to everybody たくさんのありがとう。

 

 

【One Chance, One Meeting 一期一会】

I had a great time with everyone and I’ll never forget the memories I made. Of all these memories, one of the happiest is that everybody remembered my name. I know it’s nothing special, but it made me really happy. I think more people should join this event because this it is a really valuable experience and you can enjoy a great time. Finally, I’d like to that all the staff members and everyone involved for making this great event happen!

私は、みんなと素敵な時間を過ごすことができ、忘れられない思い出となりました。たくさん楽しかった思い出あるけれど、その中でも、みんなが私の名前を覚えてくれたことが本当にうれしかったです。私はこのイベントがほかの人にも知られ、多くの人が参加できたらいいなと思います。イベントには楽しい企画もあり、かけがえのない時間を過ごすことができます。最後に、かかわってくれたすべてのスタッフさん、それとみんなへ「ありがとう」